我が心、本日も晴天なり

保守の補習時間

保守思想 名言集 『平等の害毒』

◎ルソーは「平等」を指向するあまり結果として人間の尊厳や道徳(美徳)がなくなる社会を理想としたではない。その逆であって、人間の尊厳とか道徳そのものを憎み、これらの存在しない社会を追及したのである。―中川八洋『正統の哲学 異端の思想』

 

保守思想 名言集 『人権の害毒』

◎これも人権、人権と騒いでゐるうちに人格無しの人権亡者が輩出したお蔭である。基本的人権といふと如何にも近代的で聞えがよいが、その基底に個人としての人格が無ければ、基本的といふ言葉は最低のといふ消極的概念に過ぎなくなる。事実、基本的人権といふのはその意味に他ならないが、それを恰も鬼の首でも取つたやうな気で御大層な積極的概念に誤訳して用ゐて来た為、人格無しの人権亡者が輩出したのである。―福田恆存『日本への遺書』

 

保守思想 名言集 『民主の害毒』

◎(政治指導者が無知な大衆の要求に屈するとき)、“民の声“は悪魔の声になる。 ーバジョット『英国憲政論』

 

◎教養に対する“無知の支配“となり、知識に対する“数の支配“となる。―バジョット『英国憲政論』

 

◎全体的支配は大衆運動がなければ、そしてそれはテロルに威嚇された大衆の支持がなければ、不可能である。…大衆の信頼なしにはヒットラースターリンも指導者として留まれなかっただろう。―アレント全体主義の起源

 

◎大衆人はただ欲求のみを持っており、自分には権利だけがあると考え、義務を持っているなどとは考えもしない。つまり、大衆人はみずからに義務を課す高貴さを欠いた人間のことである。 ーオルテガ『大衆の反逆』

 

◎衛霊公第十五 子曰 衆惡之 必察焉 衆好之 必察焉

孔子が言った 大勢が嫌うからといって 確認せずに鵜呑みにすべきではない 大勢が好むからといって 確認せずに鵜呑みにすべきではない

 

◎つまらぬ気晴らしを求めたがる欲望、粗野なセンセーションの要求、巨大な見せ物に対する喜び、…物事にたちまち同意してしまうこと、他人の思想に寛容でないこと、褒めたり非難したりするとき途方もなく誇大化すること、…ーホイジンガ『朝の影の中に』『ホモ・ルーデンス

 

◎政治家に至っては、世論を指導するどころか、ひたすらに追随しようと考え、世論に対する気がねが、往々恐怖にまでなって、政治家の行動から一切の安定性を奪いとっている。―ル・ボン『群集心理』

 

選択的夫婦別姓 推進派、支持派の主張

親が夫婦別姓、子どもの本音を聞いてみた「困ることはない。以上」

「夫婦別姓」選べず離婚…司法が掲げる「家族の一体感」って何?

夫婦別姓で暮らしたい 国会議員に「手紙作戦」で訴える事実婚女性

「夫婦別姓」願った結果が…夫の母は叫んだ「洗脳されている!」

夫の姓、むしろ好きだけど……「旧姓」使い続けなければならない理由

スウェーデンの苦悩は続く:福祉国家における家族崩壊

The Natural Family | Still Suffering in Sweden: Family Breakdown in the Welfare State

スウェーデンの苦悩は続く:福祉国家における家族崩壊

ブライス J.クリステンセンとニコル M.キング

 

家族の崩壊という犠牲を目の当たりにするとき、アメリカの革新派はスウェーデンを思い浮かべます。つまり、我々アメリカ人は、スウェーデン人の政治的知識について知らないために、アメリカ合衆国における家族崩壊で人々を傷つけている、と革新派は主張します。そして革新派は、未婚の母とその子供たちに例外的に大きくて気前がよい社会福祉制度へ接近しました。しかし、グンナー・ミュルダール(※スウェーデンの経済学者。1974年にフリードリヒ・ハイエクと共にノーベル経済学賞福祉国家の限界を指摘 グンナー・ミュルダール - Wikipedia )の天国の土地でさえ、離婚して独りになった親の子供たちが、無傷の家族より明らかにひどい状況であることが分かった新しい研究によって、スウェーデンに対する世間知らずの信頼は、衝撃を受けました。

 ストックホルムとウプサラ大学とカロリンスカ研究所の研究者によって行われたこの新しい研究は、スウェーデンの子供たちが3つの異なる状況、すなわち

  • 片親の下で暮らしている子供
  • 離婚した両親の共同親権の下で暮らしている子供
  • 無傷の核家族に住んでいる子供

これらの3つの子供グループで明らかになった心理的症状に関するデータは、2歳から17歳までの子供がいる3,200のスウェーデンの家族の無作為標本に由来する。 これらのデータは、完全な家族が良好な精神的健康を促進し、壊れた家族が心理的疾患を生み出すことを明らかに示しています。

スウェーデンの学者は、「感情的な症状、行動の問題、活動亢進/不注意および人間関係の問題」の総数と重大度を反映した全体的なスコアをもたらす調査結果に焦点を当てています。この調査の結果では、 (Relative Risk)= 1.6、 p < 0.001)と単一ケア(相対リスク)= 2.2、 p < 0.001)の子供の症状の負荷が高いことを示しています。つまり、共同親権は、片親の子供よりも精神的健康は良いが、核家族の子供ほど良いものではない。

研究者らは、スウェーデンのような独特の寛大な福祉国家であっても、核家族以外に住む子供たちは経済的に恵まれていないと指摘している。新しい研究の著者は、「最低所得「核家族の中にあった」(20.2%)よりも、分離後の2つのファミリータイプ(41.9%および42.6%)の2倍以上の共通性が認められた」と述べている。 「家族の家計収入は、子供の精神的健康の違いを説明するためにわずかな影響しかなかった」

それを引き起こしていることにかかわらず、核家族以外に住む子供たちの明確な心理的脆弱性は、スウェーデンでさえ難しい事実です。 これは新しい発見ではありません。 この研究の著者は、スウェーデン(他の裕福な欧米諸国と同様に)では、全体的に、離婚した両親は、無傷の両親より感情的な問題、社会的な不調和、および低い幸福のリスクに直面している。

彼らは壊れた家庭に住んでいるとき、なぜ心理的苦痛に苦しんでいますか? スウェーデンの学者は、そのような子供の心理的苦しみが両親の苦しみを反映しているかもしれないと示唆している。 "単独の親権を持つ母親、または親権を持たない父親である…子供の発達や幸福に悪影響を与える可能性がある“と付け加えた。

何十年にもわたって激化し、スウェーデン進歩主義のために抱いている魅力は、すぐには消えません。 しかし、この新しい研究では、福祉国家は子供の精神的健康を保護するだけでなく、無傷の家族も保護することはないという冷静な真実を明らかにします。 ストックホルムでは、シアトルと同様に、家族の崩壊は子供たちを暗い精神的な風景に押し込む。

(MalinBergström、 "共同親権とその親の生活満足度におけるスウェーデンの子供の精神保健:横断的研究"、スカンジナビア・ジャーナル・オブ・サイコロジー55.5 [2014]:433-9)

実はこれが世界最高のギター・インストルメンタル(2) Eleven Blue Egyptians/ジェイソン・ベッカー

収録アルバムは Perpetual Burn

PERPETUAL BURN

PERPETUAL BURN

 

   ジェイソン・ベッカーは、マーティー・フリードマンとカコフォニーというバンドを組みながら、それぞれソロ・アルバムを発表した。このアルバムにはマーティー・フリードマンもゲスト参加し、共作となっている。

 変拍子を多用して複雑な展開をみせるが、最後は打って変わってブルーズ展開となる。

それでは聴いてみよう!

実はこれが世界最高のギター・インストルメンタル(1) Love Power from the Mama Head/ジョージ・リンチ

収録アルバムは Sacred Groove 

Sacred Groove

Sacred Groove

 

  ジョージ・リンチはドッケンで有名なギタリスト。ソロ・アルバムのタイトル Sacred Groove を直訳すると「神聖な溝」。アルバム・ジャケットを見てもわかるように、洗練されたノリというより、もっと原始的な、部族の踊りのようなノリを指向した曲だ。

この原始的なノリを生み出しているのは、姉妹バンド、ハートに在籍したことがあるドラマー、デニー・フォンハイザーのバス・ドラム。バス・ドラムの打ち方にぜひ耳を傾けていただきたい。この原始的なリズムに合わせ、ジョージ・リンチのギターも、「人のうなりや叫び声」を意識したものとなり、洗練された音楽には感じられない「ハマり感」、まさしく Secred Groove を生み出していると言える。

それでは聴いてみよう!