我が心、本日も晴天なり

保守の補習時間

夫婦別姓家族の子供が、姓の違う母親に対して「ママも同じ名字にしてあげるよ!」と宣言 

www.babble.com 上記は、「私は夫婦別姓であることを気にしていませんでした。でも息子は違いました」という記事です。 家族構成は、夫婦と二人の息子、下の子供は5歳です。母親は改姓していないため、他の三人は共通のラストネーム、母親だけラストネームが…

共産党宣言「家族制の廃絶!」を実行したソビエトの末路

家族制の廢絶! 共産主義者のこの不名譽な提案に對しては、最急進派の人々すらも憤激する。 しかし、現在の家族制度、ブルジョアの家族制度はいかなる基礎の上に立つてゐるか。資本の上、私收入の上に立つてゐる。完全に發達したこの家族制度は、ただブルジ…

選択的夫婦別姓 「別姓夫婦の子の氏は、今までと変わらない」は本当か?

夫婦別姓を推進する人たちは、「別姓夫婦の子どもの氏はどうするのか?」という懸念に対して、「子の氏は戸籍筆頭者の氏になる。今までと変わらない」となぜか判で押したように答えるが、そもそもこれは懸念に対する答えになっていない。 「別姓夫婦の子ども…

世界の夫婦別姓事情 「夫婦別姓ができない日本は古い」は本当か?

「夫婦別姓を選べないのは日本だけ」との主張がある。この主張は、「日本だけが世界の潮流から遅れている」との意味を含めて使われており、まるで世界各国では夫婦別姓が当たり前のように行われているとの前提の上に立っている。本当にそうだろうか?各国の…

夫婦別姓 名乗るべきは「生家(せいか)」か「夫家(ふうか)」か? ファミリー・ネームについて

「女学雑誌」第242号の「問答」というコーナーに、「細君たるものの姓氏の事」と題された一節がある。これが書かれた1890(明治23)年は、法律上は今で言う「夫婦別姓制」のさなかである。現在の認識では、「別姓か、同姓か」ということになるが、当時の認識で…

選択的夫婦別姓 夫婦同氏を定めた明治民法が離婚を劇的に減らした理由

明治民法がもたらしたもの 明治民法は、家制度を強化して男尊女卑を定着させた、との評価があるが、これは本当なのだろうか。古い「家制度」をことさらに憎悪する思想によって、明治民法の本来の姿が捻じ曲げられているのではないだろうか。 当時の資料を参…

女学雑誌 第242号 細君たるものの姓氏の事 ふみ子

「女学雑誌」とは、1885(明治18)年7月20日創刊。『日本の婦女をしてその至るべきに至らしめんことを希図す』とする、『女性の地位向上・権利伸張・幸福増進のための学問』の刊行物である。 女学雑誌 - Wikipedia その第242号(1890(明治23)年)の「問答」とい…

トラブルだらけ? 「夫婦別姓(夫婦の姓)」に関するテレフォン人生相談

・41歳女性 夫婦どっちもどっちの苗字戦争!だったら事実婚でいいんじゃないの? 41歳女性。「婿に入る」という条件で、結婚相談所で知り合って結婚式を挙げたが、夫は「やはり婿入りは無理」と言う。社宅に入るために(法律上の夫婦でないとできないので)籍…

「日本国紀」の執筆過程を見る

百田尚樹氏が「日本国紀」を書こうと思ったきっかけは、2017年に行ったケント・ギルバート氏との対談だという。 2018-08-27 私が日本史を書く書くきっかけは、昨年のケント・ギルバートさんとの対談。 ケントさんの「アメリカの歴史教科書を学べば、子供たち…

選択的夫婦別姓 推進派、支持派の主張

・親が夫婦別姓、子どもの本音を聞いてみた「困ることはない。以上」 ・「夫婦別姓」選べず離婚…司法が掲げる「家族の一体感」って何? ・夫婦別姓で暮らしたい 国会議員に「手紙作戦」で訴える事実婚女性 ・「夫婦別姓」願った結果が…夫の母は叫んだ「洗…

スウェーデンの苦悩は続く:福祉国家における家族崩壊

The Natural Family | Still Suffering in Sweden: Family Breakdown in the Welfare State スウェーデンの苦悩は続く:福祉国家における家族崩壊 ブライス J.クリステンセンとニコル M.キング 家族の崩壊という犠牲を目の当たりにするとき、アメリカの革新…

名画備忘録

フォレスト・ガンプ 一期一会 (1枚組)[AmazonDVDコレクション] 出版社/メーカー: パラマウント 発売日: 2018/03/20 メディア: DVD この商品を含むブログ (1件) を見る ご存知、アカデミー賞作品賞他を受賞したアメリカ映画の金字塔。アメリカの暗部でもある…

道徳・教育 参考文献

武士道 (PHP文庫) 作者: 新渡戸稲造,岬龍一郎 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2005/08/02 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 174回 この商品を含むブログ (79件) を見る 国民の修身 作者: 渡部昇一 出版社/メーカー: 産経新聞出版 発売日: 2012/07/18…

事実婚(同棲)が子供に与える影響

米国の同棲率が急速に上昇するにつれて、同棲カップルの動向も同時に変化しています。同棲カップルは、子供を持つ可能性が高く、最終的に結婚する可能性は低く、同棲し続ける可能性が高くなります。したがって、同棲両親と同居する子供たちは、両親の関係移…

夫婦別姓 参考文献

夫婦別姓って何??反対派のための反論ネタ?あなたは選択制でもダメな理由をきちんと説明できますか? 作者: 平野喜久 出版社/メーカー: ひらきプランニング株式会社 発売日: 2013/04/03 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 国が亡びる―教育・家…

選択的夫婦別姓 支持者・支持団体

【男性】※所属は元・前・現を含む あ 足立康史(維新) ※杉田水脈叩きに加担 有田芳生(立憲) 池上彰(共産思想に傾倒) 江田五月(立憲) 枝野幸男(立憲) ※JR総連(革マル派が浸透)から献金 岡田克也(民主) 小川勝也(立憲) ※長男が強制わいせつ繰り返す 小川敏夫(立…

夫婦別姓 リンク集

【氏の歴史など】 ・昔は夫婦別姓だったのか? 再論 -学者の無知と誤解 ー ・未だに夫婦別姓が進歩的だと勘違いしている人たちへ ・我が国における氏の制度の変遷 【海外の動向】 ・「夫婦別姓」選択する、しない?海外5カ国の意外な生エピソード ※このサイ…

未来予想図 選択式夫婦別姓を問う(下)『廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位』産経新聞

20××年、お彼岸。かつては家族連れが訪れ、お墓の前で神妙に「お参り」していた日本ならではの光景は、過去のものとなった。 雑草も生え放題で、代々の先祖が眠る「○○家」と記された墓は見捨てられたまま、もう何年にもなる。「無縁仏」同然で誰にも見向き…

未来予想図 選択式夫婦別姓を問う(中)『自立からすれ違い 米国の教訓』産経新聞

「ローラ、もしもの時に男性に頼らなくても生きていけるように仕事を持っておきなさい」 母は、娘の私に繰り返しこう話した。夫と離婚し、クリーニング店の店員をしながら苦労して私を育てた母を見て私は、男性に頼らない、女性の経済的自立こそ幸福の条件と…

未来予想図 選択式夫婦別姓を問う(上)『ほころぶ家族の絆…お父さんだけ違う姓』産経新聞

田中京子は結婚を目前に控え、憂鬱(ゆううつ)だった。 農家の一人娘として何不自由なく育ち、都内でOLになった京子は、同じ地方出身者の同僚、鈴木一郎と出会い、2年越しの交際を経て晴れて秋に結婚の運びとなった。 京子は育ててくれた両親を安心させ…

選択式夫婦別姓(氏) 主要ツイート

明治民法の功績①アメリカ、ドイツ、ロシアなどは、明治31年民法改正(日本の近代化)を受けて、治外法権を撤廃し、国際法の上で先進国の仲間入りを果たすことができた。『百年前の家庭生活』https://t.co/Ri8sM735wE — 安 乃雲 (@ohayo_tokyo) 2018年7月24日 #…

統一教会(原理研究会)の勧誘の思い出についてのツイート

(1)カルト宗教つながりで、私の統一教会(原理研究会)勧誘の思い出を語ってみようと思う。あれは道端で若い男女に声を掛けられたことがきっかけだった。「ちょっとお茶を飲みながら話しませんか?」くらいの言い方だったと思う。 (2)好奇心を持て余して…

選択式夫婦別姓 推進者、支持者語録

〈届け出婚〉や〈法律婚〉というと、ベッドの上でならんで寝ている二人の間に、〈国家〉がにゅっと出現してくるような薄気味悪ささえ感じる。ー福島瑞穂『結婚と家族』 ソ連は、1926年〈婚姻、家族及び後見に関する法典〉で、事実婚主義を採用している。…ロ…

今なおWGIPを堅持する左翼メディア

日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお続く占領軍の心理作戦 (自由社ブックレット) 作者: 関野通夫 出版社/メーカー: 自由社 発売日: 2015/03/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 続・日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお蔓延るWGIPの嘘 (自…

「男女平等」はマッド・サイエンス 女性ならではの感性を尊重せよ

いろいろ、他人の意見や考えを見聞きしていると、「なるほど、その発想はなかった」と、斬新な発想に目を開かされることがあります。 ある時、路線バスに若いお母さんと男の子が乗っていて、会話が聞こえてきました。男の子がお母さんに訊ねます。 「お母さ…

朝日新聞購読者の平均寿命を調査せよ

以前、朝日新聞を購読していたことがあります。「お兄さん、高校野球が詳しいのは朝日だよ」という勧誘に乗せられて。 せっかく金を払って購読するのだから、テレビ欄やスポーツ欄以外もできるだけ読んでみました。しかし、どの記事を読んでもシングルマザー…

「男女平等」はマッド・サイエンス

「男女平等」という四文字はあまりにも軽々と口にされすぎている。だが、「男女平等」は、信仰なくしてはなりたたない宗教的ドグマであって、いわばバーチャル・リアリティ(仮想現実)である。たとえば、男性は出産できないし、女性はほんの一部を除き男性…

エピソード(1) どんなに自分がひもじくても、女には奢らせない

治子は万年の愚連隊流のダンディズムをこよなく愛した。それはファッション面だけでなく、万年の場合、精神的なもののほうに、より濃厚に表れていた。たとえば、治子は懐具合が潤沢なとき、「兄さん、お茶御馳走するわ」と、よく万年を誘ったが、むろん万年…

相撲の女人規制。判断は相撲協会に任せるべき。

「土俵の女人禁制をやめろ」は宗教弾圧に相当する暴挙 www.sankei.com 土俵の女人禁制の他にも、伝統に基づいて性差や資格に応じて立ち入りができない場所ややってはいけないことはたくさんある。宗教を例に挙げてみよう。 www.compathy.net【イスラム教】 …

道徳の教科化とセクハラについて

道徳の教科化に疑義を唱え続ける左翼 www.asahi.com 朝日新聞や毎日新聞、日教組や弁護士会はこぞって道徳の教科化に疑義を唱えている。その理由は以下の通り。 【朝日新聞】 そもそも道徳の教科化は、いじめ問題が理由とされた。多くの者が同調するからいじ…