我が心、本日も晴天なり

保守の補習時間

ナスレッディン ホジャ 202 小話集

f:id:unknown30:20181225175159j:plain

ナスレッディン ホジャ 202 小話集

 

 赤松 千里 訳

ORIENT PUBLICATION

 

 この本は日本の出版社ではなく、トルコのイスタンブールにある、ORIENT PUBLICATION から出版されたものです。

 活字は、一時代前の日本語ワード・プロセッサによるものと思われ、決して見栄えのよいものではなく、誤字も見受けられます。

 挿絵が多く、基本的に見開きの左にお話、右は一面挿絵、という構成になっています。

 装丁は弱く、つくりは書籍というよりも、「小学生算数ドリル」のようなもので、長期の使用には向かないつくりです。丁寧に扱わないといけません。

 収録は202話と多いこともあり、一話は短くなっています。不必要に話をふくらませたり、つけたしをしないことにより、むしろホジャ話のエッセンスがうまく伝わってきます。

 話中に出てくるトルコの文化/風習については、細かく簡単な注釈がつけられ、読者への配慮がなされています。

 読者の年齢やタイプにより、「何が面白いのかわからない」と思う話も少なくないでしょう。しかし、わからないなりに、「何かが刺激される」「どこか心に残る」と感じるのではないでしょうか。人は成長します。今はわからなくても、5年後、10年後には、「そういうことだったのか!」とわかる時が来るかもしれません。

 その時きっとホジャが、「おや、今頃わかりなすったのかね?」とにやりとしていることでしょう。