我が心、本日も晴天なり

保守の補習時間

テレフォン人生相談 「中二の子供が勝手に飲み食いする」と怒るシングル・マザー 実は不倫相手(妻子ある男性)を家に連れ込んでいた

youtu.be相談者:母親42歳(37歳、息子が小2の時離婚)

母子で二人暮らし。13歳(男)一人っ子が、歯を磨かなかったり、夕飯が食べられなくなるのでおかしや冷蔵庫の物を勝手に食べるなと言うが、言うことをきかず、つい叩く。言ってはいけないと思ったが、「死んだら?」と言ったことがある。

「〇〇食べた?」「勉強した?」と聞いてもウソをつく。

小遣いは与えていない。家のお金を盗ったことがある。

今井:お小遣いをあげて、自分で管理させることを学ばせたら?

母親にはつきあっている男性がいて、家に入れている。妻子ある男性。付き合いは3年くらいになる。一緒に夕食を食べたりしている。

母親:言うことを聞かない息子をどうしたらよいか?

髙橋:家庭は息抜きの場所。お母さんの「べき論」で追い詰めて、子供は本質のところが理解できていない。お金を盗るのはダメだが、食べ物の盗み食いは大したことじゃない。小さなウソ、大きなウソを区別すべき。

結婚するあてもない男が出入りして、言うことをきかせようとしても無理。

息子が、おばあちゃんの家でどう過ごしているかを知るべき。今の家は複雑すぎて子育てには向かない。

今井:子供の立場を思いやってみては?

※相談している母親が、携帯をポチポチしている音が聞こえる。母親は先生の回答に何か感じたようすはなく、事務的にあいさつをして終了。

親が考える「あるべき姿」に合致しないという理由で責められる子供は、優しい子供であるほど苦しくなる。

相談者の理解度:☆☆☆☆☆(ゼロ)