我が心、本日も晴天なり

保守の補習時間

事実婚(同棲)が子供に与える影響

米国の同棲率が急速に上昇するにつれて、
同棲カップルの動向も同時に変化しています。
同棲カップルは、子供を持つ可能性が高く、
最終的に結婚する可能性は低く、
同棲し続ける可能性が高くなります。
したがって、同棲両親と同居する子供たちは、両親の関係移行に対処するために、生涯を通して不安定になるという重大なリスクに直面しています。

 

1.同棲カップルの不安定性

同棲カップルは婚姻家庭よりも安定性が低く、子供の存在は同棲関係をさらに不安定にします。

より安定した同居カップルは、子供の出産の時期に結婚する傾向がありますが、未婚の同棲パートナーはあまり安定していません。

最近の17カ国のデータの分析では、同棲が一般的になったにもかかわらず、同棲しているカップルは依然として、結婚した夫婦よりも子供が不安定になることがわかりました。

 

2.子供の健康

同棲世帯に居住する子供は、結婚した家庭に比べて、薬物使用、うつ病、高校からのドロップ・アウトなど、さまざまな情緒的および社会的問題を抱える可能性が高くなります。

疾病管理センターによると、同棲家庭(実親両親であろうと、実親ー義理親であろうと)は、片親、家族、婚姻家庭の子供よりも健康保険に加入していない可能性が高くなります。

実親が同棲している場合、片親家庭、義理親家庭、既婚家族よりも、「非常に良い」または「優れた」健康よりも、「良い」「普通」または「悪い」健康を報告する可能性が高くなります

 

2.1関連するアメリカの人口統計

2001年の国民健康調査の調査によると、ADHDと診断された子供は、

既婚家庭(離婚なし):4.7%

再婚家庭:8.0%

同棲家庭:8.6%

片親家庭:9.1%

 

3.教育

同棲家庭の特性である不安定性は、青少年の目的の低下と学業成績の低下と関連していました。

 

3.1 アメリカの人口統計

青少年の全国調査によると、学業成績(GPA)は、

離婚のない婚姻家庭:3.0

離別のない同棲家庭:2.8

再婚した家庭と、離婚による片親家庭:2.7

義理親を含む同棲家庭:2.6

最初から片親だった家庭:2.5

 

1997年の青年全国調査によると、成績Aを取る割合は、
離婚のない既婚家庭:28%

離別のない同棲家庭:21%

離婚して片親の家庭:18%

再婚した家庭:15%

義理親のいる同棲家庭:11%

最初から片親だった家庭:9%

の順であった。

 

青年全国調査によると、高校の学位を取得している割合は、

婚姻した実親家庭:90%

再婚した家庭:80%

離婚した片親家庭:76%

義理親を含む同棲家庭:68%

最初から片親:63%

離別のない同棲家庭:60%

 

青年全国調査によると、学士号を取得した子供の割合は、

離婚のない婚姻家庭:36%

離別のない同棲家庭:20%

離婚した片親家庭:17%

再婚家庭:16%

最初から片親の家庭:8%

義理親を含む同棲家庭:7%

 

 4.児童虐待

同棲家庭で育てられた子供は特に虐待を受けやすい

児童虐待とネグレクトに関する第4回罹患率研究によると、同棲する実親によって育てられた子供は、婚姻した実親によって育てられた子供に比べ、身体的虐待に苦しむ可能性が4.3倍高く、性的虐待を経験する確率は5倍高い。

子供にとって最も危険な家族形態は、パートナーの1人が生物学的親ではない同棲家族です。 同じ調査では、1人の生物学的親とその非生物的同居パートナーとで育てた子供は、結婚した実親によって育てられた子供に比べて、10.3倍の身体的虐待と19.8倍の性的虐待を経験する可能性が高いと述べられている。

 

5.貧困リスク

同棲家族で育った子供たちは、貧困に陥るリスクが高くなります。 2015年の社会経済的補助金によれば、同棲している両親と一緒に暮らす子供の47.5%が貧困状態にあります。これは部分的には、同棲カップルが婚姻夫婦が持つような安定した関係と、共有財産が不足しているためである。

 

※元ページは Effects of Cohabitation on Children [Marripedia]