我が心、本日も晴天なり

保守の補習時間

スウェーデンの苦悩は続く:福祉国家における家族崩壊

The Natural Family | Still Suffering in Sweden: Family Breakdown in the Welfare State

スウェーデンの苦悩は続く:福祉国家における家族崩壊

ブライス J.クリステンセンとニコル M.キング

 

家族の崩壊という犠牲を目の当たりにするとき、アメリカの革新派はスウェーデンを思い浮かべます。つまり、我々アメリカ人は、スウェーデン人の政治的知識について知らないために、アメリカ合衆国における家族崩壊で人々を傷つけている、と革新派は主張します。そして革新派は、未婚の母とその子供たちに例外的に大きくて気前がよい社会福祉制度へ接近しました。しかし、グンナー・ミュルダール(※スウェーデンの経済学者。1974年にフリードリヒ・ハイエクと共にノーベル経済学賞福祉国家の限界を指摘 グンナー・ミュルダール - Wikipedia )の天国の土地でさえ、離婚して独りになった親の子供たちが、無傷の家族より明らかにひどい状況であることが分かった新しい研究によって、スウェーデンに対する世間知らずの信頼は、衝撃を受けました。

 ストックホルムとウプサラ大学とカロリンスカ研究所の研究者によって行われたこの新しい研究は、スウェーデンの子供たちが3つの異なる状況、すなわち

  • 片親の下で暮らしている子供
  • 離婚した両親の共同親権の下で暮らしている子供
  • 無傷の核家族に住んでいる子供

これらの3つの子供グループで明らかになった心理的症状に関するデータは、2歳から17歳までの子供がいる3,200のスウェーデンの家族の無作為標本に由来する。 これらのデータは、完全な家族が良好な精神的健康を促進し、壊れた家族が心理的疾患を生み出すことを明らかに示しています。

スウェーデンの学者は、「感情的な症状、行動の問題、活動亢進/不注意および人間関係の問題」の総数と重大度を反映した全体的なスコアをもたらす調査結果に焦点を当てています。この調査の結果では、 (Relative Risk)= 1.6、 p < 0.001)と単一ケア(相対リスク)= 2.2、 p < 0.001)の子供の症状の負荷が高いことを示しています。つまり、共同親権は、片親の子供よりも精神的健康は良いが、核家族の子供ほど良いものではない。

研究者らは、スウェーデンのような独特の寛大な福祉国家であっても、核家族以外に住む子供たちは経済的に恵まれていないと指摘している。新しい研究の著者は、「最低所得「核家族の中にあった」(20.2%)よりも、分離後の2つのファミリータイプ(41.9%および42.6%)の2倍以上の共通性が認められた」と述べている。 「家族の家計収入は、子供の精神的健康の違いを説明するためにわずかな影響しかなかった」

それを引き起こしていることにかかわらず、核家族以外に住む子供たちの明確な心理的脆弱性は、スウェーデンでさえ難しい事実です。 これは新しい発見ではありません。 この研究の著者は、スウェーデン(他の裕福な欧米諸国と同様に)では、全体的に、離婚した両親は、無傷の両親より感情的な問題、社会的な不調和、および低い幸福のリスクに直面している。

彼らは壊れた家庭に住んでいるとき、なぜ心理的苦痛に苦しんでいますか? スウェーデンの学者は、そのような子供の心理的苦しみが両親の苦しみを反映しているかもしれないと示唆している。 "単独の親権を持つ母親、または親権を持たない父親である…子供の発達や幸福に悪影響を与える可能性がある“と付け加えた。

何十年にもわたって激化し、スウェーデン進歩主義のために抱いている魅力は、すぐには消えません。 しかし、この新しい研究では、福祉国家は子供の精神的健康を保護するだけでなく、無傷の家族も保護することはないという冷静な真実を明らかにします。 ストックホルムでは、シアトルと同様に、家族の崩壊は子供たちを暗い精神的な風景に押し込む。

(MalinBergström、 "共同親権とその親の生活満足度におけるスウェーデンの子供の精神保健:横断的研究"、スカンジナビア・ジャーナル・オブ・サイコロジー55.5 [2014]:433-9)